トップページ > 店長日記 > コロンブスとインゲン。

コロンブスとインゲン。

垂水市が日本一の生産量を誇る

サヤインゲン。

もちろん、いんポタの原料です。

 

このサヤインゲン

生まれは、中南米だと言われていることを

ご存知ですか?

 

コロンブスの新大陸発見 😕 によってヨーロッパへ伝わり

16世紀末に中国へ。

17世紀(江戸時代)に日本に伝わったと

言われています。

 

その時、インゲンを日本に伝えたとされているのがこの方。

 

中国、明からの帰化僧

隠元禅師。

 

インゲンと言う名前もこの方から

つけられたそうです。

 

当時は、サヤの中の豆だけを食べていたようで、

現在のようなさやごと食べるいんげんは、

幕末に伝わった品種が分化したものとも言われています。

 

幕末といえば

天璋院篤姫。

 

篤姫さまもインゲンを

口にされたのでしょうか・・・?

 

 

もし、隠元和尚さまが、インゲンを日本に伝えて

くれていなかったら・・・。

 

今頃、垂水の日本一もひとつ無くなっていたかもしれません。

当然、いんポタもこの世に無かったことでしょう。

 

隠元和尚さまに 感謝です。。。

 

まさかコロンブスの新大陸発見が

インゲンに深く関わっていたなんて

私自身びっくり 😯

でしたが、この歴史ある 緑色豆類インゲン

にさらなるパワーを感じました 😉

 

ラテンの地で生まれた

 インゲン。

 

食べると

 元気に! 陽気に!

なれることでしょう 多分・・・  😉  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

上へ戻る